FC2ブログ

メンテナンスとクリスマス

今日はピラティスのプライベートレッスンでした。

2か月程前から環境も変わり
日々緊張したり、戸惑う日々で

そして体は正直で
あまりに身体が固まり過ぎていると
先生に指摘されました

今日は思うように体が動かせず
というか、
集中しきれず、理解できないままで
体を動かしていて

それを指摘するように最後に、

「よく、
頭では分かっているんだけれども
体が動かない・・・
と、言うけれども
そんなことはない。

頭で理解できていないから
体が動かせないのだ」

と、言われました。

体と心は繋がっているのですよね。

そして今日は特に、
自分では真ん中のつもりが
体の中心がブレてしまっていたこともあり、

「人生はずっと自分の中心を探す事だ」

とも言っていました。

いつもはっとさせられるような言葉をくれます。


体を動かしに行っているのに、
心のメンテナンスをしてもらっているような気持ちになります。


今日も、自分の直すべきところを
また再確認しました。





帰り道、
街はすっかりクリスマスの装いで
たまたま入ったお店で
素敵なアドベントカレンダーを買いました。

毎年、少しづつですが
クリスマスの物を集めるのは楽しみです。




部屋の一角もクリスマス模様にしてみました。
こちらは落ち着いた雰囲気で・・・






↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



pilates world

週末、Pilatesの一大イベントである
「Pilates World」に参加してきました。

毎年やっているイベントですが
参加したのは今回初めてです。

私が通っているスタジオの創始者の方や、
海外の講師が来日するとのことで、
インストラクターからも
こんな機会は無いよと言われ
素人が参加してよいものか?とは思いましたが
参加してみました。


会場に行ってみると、体つきからして
インストラクターやプロっぽい人達ばかりで
すっかり恐縮してしまいました。


ただ、イベントが始まってしまうと、
300人以上の人達が同じ場所で
Pilatesをしている状態にも関わらず
集中して英語でのキューイングを聞き取らなければならなかったので、
他の人のことが気にならなくなり、
自分と向き合って体を動かせました。


スタジオ創始者のラエルさんという方の
レッスンや言葉がとても心に響き、
Pitatesの話ではありますが、
人生や物事の考え方にも通ずるように感じました。

Pilatesとはエクササイズというよりかはマーシャルアーツ(武術)に近いものがあるので、
日本はそういうmindが根底にある素晴らしい国だと
何度もおっしゃっていました。



「 Be youeself 」
自分らしく。
人と競ったり比べたりするのではなく、自分と向き合うことの大切さ。

「 Keep Your Practice Fresh」
常に新鮮な気持ちで、レッスンの中で興味や発見をすること。
each time is deffarence


「 Always Be a student Never stop learning 」
常に学び続けること。
先生という立場になったからといって、学ばなくてよいわけではない。
常に学ぼうという姿勢の大切さ。



ゆっくりとした英語で話して下さったので
全部ではないですがニュアンスは少し理解はできましたが
通訳というフィルターがかかってしまうと解釈の違いなどもあるので、
改めて英語をしっかり勉強しないと…と思いました。



他にも沢山の心に響くお話をして下さり、
ピラティスを通じて自分の生き方や考え方も
見つめ直すキッカケになったような一日でした。




↑会場はこんな感じでした。






↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



美しい姿勢

最近あるCMが流れると、思わず見入ってしまいます。
西島秀俊さんが出ているエアコンのCM。
何と言っても、立ち姿勢が美しすぎます‼︎
本当に地面からまっすぐに立っているのです。


ただまっすぐ立つ事って、簡単なようで本当に難しい事なのです。


両足(母指球、小指球、かかと)の3点に均等に重心を置いて、
足は地面に根を張るように、
頭は天井を突き破るように、
上下に引っ張られているような意識で…

そんな風に立とうとすると、結構難しい。

だからこそ、西島さんの美しい立ち姿勢にハッとしてしまいました。


美しい姿勢の人って、それだけで芯の強さや真面目さ、自分をコントロールする力があるように思います。


美しい姿勢は一日にして成らず


日々意識しながら過ごしたいものです。









↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



背骨の成り立ち

先日受けたレッスンが、背骨にフォーカスしたレッスンで、
とても面白い話を聞きました。


「何故、人間の背骨がS字カーブになったのか?」


そもそも、人間の祖先は海で生活しており、
魚のような様相だった頃は、背骨は真っ直ぐであった。
(魚の骨を見ても分かるように)
その後、口を開けて獲物を食べるために顎が発達して頸椎のカーブが出来た。

それから陸に上がって生活するようになると、四つん這いの姿勢になった為、
胸椎のカーブが出来た。
(爬虫類のように)

そして最後に立位になった時、上からの重力に耐える為、腰椎のカーブが
必要となった。

その為、人間の背骨はS字を描いたようなカーブになったという事です。


この話を聞いて、少し前に姪っ子を抱いた時に感じた驚きがこういう事だったのか!と合点がいきました。

というのは、姪っ子が歩き始めるようになる少し前、
抱っこした時の背中にびっくりする位のしなやかな筋肉がついていて、
特に腰椎の辺りがとても安定していたので、
妹に「こんなに背中、しっかりしていたっけ?」と聞いた程でした。

妹は「いつもそっくり返っているからじゃない?」なんて言っていたのですが、
確かに寝返りが始まった頃から、イナバウアーのような反り返りをよくしていて、
そのせいなのかな?と思ったのですが、ちゃんと立ち上がる為に体が変化していたのだな・・・
思いました。

生まれたときはまあるい背中だったのが、
寝返りを打てるように頸椎のカーブができ、
ハイハイ出来るように胸椎のカーブができ、
立ち上がる為に腰椎のカーブができたのだ!
と妙に納得してしまいました。


背骨の成り立ちを、身近なところで感じることが出来て
驚きと納得で興奮してしまったのでした。


そんな子供のようなしなやかな背骨を目指して
少しでも自分のかたーい背骨を改善していきたいです。





↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



update

先日、久しぶりにピラティスのプライベートレッスンを受けに行きました。
私が最初にピラティスを教わった人であり、彼女との出会いがなければ、
そもそも関わることのなかった世界なので、今思うととても縁があったのだなと思います。

とても聡明で、的確で、芯のある人なので、
初めに習ったのが彼女で良かったし、
そうでなければ続けていなかったと思います。

本当に久しぶりにレッスンを受けたのに、
体を触っただけで、今の私の体の状態を察知する姿は
まるでドクターのようです。
完全に心も体も預けられて、相性が合う人でないと
プライベートを受けるのは難しいので、
インストラクターとの出会いもとても大きいものだと思います。

この日も、レッスンを進めながら
私の状態を見て内容を変更したり、道具を変えたりと
とても丁寧に、そして厳しく指導してくれました。

自分の心と体を意識すること、感じること、考えることを
レッスン中ずっと行うことで、
色々な事から解放されて、今目の前にあることに集中出来る時間は
本当に貴重で、贅沢な事だと教えられました。

彼女自身、今はフリーのインストラクターなのですが、
組織から出たからこそ、常に勉強し、更新し続けないといけない・・・
と言っており、「更新する」という言葉がそれから頭から離れませんでした。

私自身常にupdate出来ているかというと、
恥ずかしいくらいに現状に留まっている状態です。
彼女の言葉を聞いてはっとさせられ、仕事に対するプロ意識の高さを感じました。


心も体もメンテナンスされたレッスンでした。




↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



sidetitleプロフィールsidetitle

nene

Author:nene
........................

生きる事は

その命が尽きるまで

進み続ける旅のよう…

日々の暮らしの中で

私なりの視点で考えた事、

感じた事と共に

私の作るアクセサリー作品を

紹介していきます

.........................

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR