FC2ブログ

プティフールセック


縁どられたテープをすーっと剥がして、ゆっくりとその缶かんのフタを開けてみると、綺麗にびっちりと並んでいるあの甘くて乾いたもの。

ジャムが乗ってたり、ピスタチオがパラパラと乗っかっていたり、チョコと混ざった千鳥格子や、まんまるだったり、四角だったり、平べったかったり…

見ているだけでワクワクするような、あの缶かんの中の世界。

これを食べたり、あれを食べたり、またこれを食べて、今度はあっちを食べたり…

沢山の味が幾つも重なって、全部バラバラなのに、何だかまとまっていて。


そして最後に、誰がこの缶かんを貰うのかをじゃんけんして…

手にした缶かんの中には何を入れようか?
そんな事を考えるとまたワクワクして、大事にしまっておくのだ。












↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



time will tell

ここ10年近く腕時計を使っていませんでした。
何となく、これだ!と思う時計も見つからず、ケータイで時間を確認したり、街中の時計をチラリと見たり…
それでも不便を感じてなかったので、特に欲しいとも思っていませんでしたが、友人2人がある時計を使っていて、時計らしくない時計に心惹かれました!

それがこちら↓



私が購入したのは3色ミックスカラーの物ですが、様々なカラーがあり、単色の物やミックスの物など…
時計というかアクセサリーに近いですね。
色が沢山あるので迷いましたが、このカラーにしました。
意外にも色んなスタイルに合わせやすく、季節問わず使えそう。
そしてブレスレットと合わせるといい感じです。






しかしながら、かなりの長い期間、腕時計を着ける生活をしていなかった為か、時計があるにも関わらずケータイで時間を確認したり、街中の時計をつい探してしまったり。。。
そしてふと、時計があることに気づく毎日です。
トホホ。。。







↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



真の女王


昨日は本当に素晴らしいドラマを目の当たりにして、涙が止まりませんでした。


一昨日の真央ちゃんのショートのまさかの結果に呆然とし、次の日のフリーまでどう気持ちを立て直せるのか…と不安でしたが、最後は真央ちゃんらしい笑顔のスケーティングが見たいときっと誰もが思ったはずです。


そして、不安な自分の気持ちに勝って、信じられない位の素晴らしい感動的なスケーティングを見せてくれました。
後半になるにつれて、本来の真央ちゃんらしい力強い、しなやかなスケーティングになっていき、涙が止まりませんでした。
こんな絶望的な状況で、自分の力を出し切るって出来ない事です。
本当の意味での真央ちゃんの強さを感じました。


この4年間、本当に苦しい状況で1から自分のスケーティングを直し、試合でも勝てず、そしてそんなどん底な時にお母さんが亡くなり、それでも気丈に一歩ずつ一歩ずつ自分を立て直していく姿は見ていて本当に切なかったです。
心ないインタビューやバッシングにも、いつも言葉を選び、丁寧に真っ直ぐに答えている真央ちゃんは、本当に真面目で清らかな子だと思います。
あの年齢で、腹黒い大人に対しても、自分の気持ちや状況をしっかりと言葉を選んで伝えるって、なかなか出来ない事です。
(これは真央ちゃんに限らず、羽生君や高梨沙羅ちゃんにも感じました。)


そもそも実力がある真央ちゃんは、トリプルアクセルにこだわらずも、無難なスケーティングをすれば勝てるような選手です。
でも、更に高みを目指してより難しいプログラムに挑戦し続けた真央ちゃん。
そこが真央ちゃんの真面目さと真っ直ぐさだと思います。そんな彼女だからこそ、みんなが応援したいと思える選手なんだと思います。

そして、最後のフリーの演技で、真央ちゃんの思い描いていた素晴らしい演技を見せてもらえて、本当に本当に感動しました。
こんなにも魅せられた演技はないんじゃないかと思います。

終わった後の真央ちゃんの涙に、更に泣けました。

本当に良かった…
きっと天国のお母さんが見守ってくれていたんだと思います。

記録ではない、記憶に残る演技でした。
真の女王はやはり真央ちゃんだと思います。







↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



リンクの貴公子

昨夜は眠さと戦いながら、フィギュアスケート男子の羽生選手の演技を見てしびれました。


あんなに細くて華奢な体で震災以降、物凄く大きなものを抱えて演技する姿は、見ていて胸が痛くなる程で、そのストイックな表情や演技に心配になる事もありました。
しかし、被災した地元の為に…という気持ちでどんどんと演技の表現が変わっていったし、表情がとにかく強く、たくましくなっていって、気持ちで滑っているのが本当に伝わってきました。


オリンピックでも、力いっぱい飛んで、滑って、沢山の想いと願いをぶつけた演技。
最後にリンクに下ろした手が、しばらく離れようとしなかったのが印象的でした。

リンクの貴公子は、全部の客席に向かって深々とお辞儀をしていて、それはとても清々しくて、美しい姿でした。
本当に良かった。。。


オリンピックでメダルを獲ることが全てではないと思いますが、彼のような人がメダルを獲ることで、きっときっと多くの人が沢山の勇気や希望をもらったと思います。



↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



海の泡

溺れる王子を助けたのに気付かれず、
王子への恋心から魔女から声と引き換えに足を手に入れた人魚姫。


そして最後には海の泡となって消えていく…

悲しい結末なのに、誰も恨まず自ら命を絶つ人魚姫の潔さ。



透明で、儚くて、なのに強く美しい。
そんな海の泡。











↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



伝統と革新と

先日、同級生のライブに行ってきました。
もともとお家が雅楽の「笙(しょう)」を業としているお家柄だそうで、代々受け継いでいるそうです。
子供の頃は彼女がそんなお家だったとは知りもしませんでしたが、大人になって再会してその事を聞き、とても興味を持ったので、是非ライブがあれば行ってみたいと常々思っていたのでした。


今回は「笙」と「琴」と「テルミン」という絶対に交わらないような楽器の組み合わせでのライブ。
曲目も、パッヘルベルのカノンやサンサーンスの白鳥、上を向いて歩こう、さくらさくらなど色んなジャンルの曲でした。
それらの曲を共通点の無さそうな楽器が音を奏でるとこれが何とも言いようのないような心地よい音楽となって、音に酔いしれる…といった感じでした。


琴がメロディを奏で、笙が奥行きを持たせ、テルミンが新たな方向へと導く…というような、言葉にすると???っといった感じですが、とにかく素晴らしいライブでした。
途中で友達の後輩という「鼓」の演奏家の方がセッションに加わり、また空気がガラリと変わって、全く新しい音楽のジャンルのよう…
どの楽器も実際、生の音を聞いたのは生まれて初めてだったので、それだけでも感動がありましたし、特に笙は沢山の竹の管を組み合わせた楽器で、パイプオルガンに近いような楽器でした。


調べてみると、「笙」は鳳凰を模した姿をしており、その音は「天から差し込む光」を表していると考えられているそうです。
その事からも「笙」のことを「鳳笙(ほうしょう)」と呼ぶこともあるそうです。

確かにとても高尚な音でこれが神様に捧げる音なんだなぁと思いました。実際に雅楽というと宮中の行事事で流れる音楽ですし、関わりは無くとも日本人の中に馴染みはある音なんだと思います。

友人曰く「笙」は1500年以上前に大陸から日本に伝わり、その後変化を遂げていない楽器なので、とても原始的な為に楽器のメンテナンスが大変だそうです。
そして、やはり神事の事なので実際に家業を継げるのは男性なんだと言っていました。
彼女自身もそういった伝統との葛藤が沢山あり、多分今のこういったスタイルでの音楽の表現になったのだと思います。


一緒に演奏していた琴の方は、琴の概念を打ち破ったスタイルで演奏している方で、琴をまるでピアノかギターかのように弾き、琴のイメージがガラリと変わりました。
友人は、この琴の方の演奏スタイルを見て、こんなに自由にやっていいんだ。。。と思ったそうです。

そして、テルミンもその存在は知ってはいましたが、こんなに摩訶不思議な演奏スタイルをする楽器はまるで超能力としか言いようがありません。
今見ても謎めいていますが、楽器が出来た当初は超能力で音を出していると思われたに違いないと思います。

そんな三つの楽器が、お互いに共鳴しながら、新しい音楽を作り上げていました。
何も分からない私が聴いても、心地良さだったり、全身に響いてくる音楽で、それぞれの楽器の良さが伝わってきました。


演奏している友人はとてもカッコ良くて、日本古来の伝統楽器と音楽を受け継ぎながら、新たな表現をすることで笙を広めていってる姿は素晴らしかったです。









↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



下町散策

先日、お友達と下町散策をしてきました。
下町といっても、馬喰町から蔵前のエリア。この界隈は以前の職場の近くだったので、割と馴染みのある場所でしたが、近年素敵なお店が続々と出来ているようで、気になっていたので散策してみました。


もともとこのエリア自体が問屋街で、カフェや雑貨屋などがあるような街ではないのですが、古いビルや倉庫をリノベーションして、新たな魅力を放っていました。
不思議な事に、どれも個性のあるお店ばかりで、お店と街が素敵にマッチングしており、街自体がオシャレな活気で溢れていました。
その事自体に始終驚きを隠せませんでした。


そもそも私がこの街で働き始めた頃、最初は自分の住まいのエリアとの違いに驚く事ばかりだったのです。

リアカーを引いてダンボールを集めるおじちゃん達が高架下でカップ酒を飲みながら寒さをしのいでいたり、長屋のように立ち並ぶ木造のボロ家の小さな窓の柵からは、おじいちゃんの股引や、おばあちゃんの肌着が恥ずかし気もなく干されていたり…
最初はカルチャーショックでしたが、段々とその光景がとても愛おしく思えてきたのを覚えています。


そんなエリアに、何ともシャレオツで魅力的なお店が出来た事で、街自体の雰囲気も変わっていたし、そこに集まる人達がとにかくオシャレでこだわりのありそうな人達ばかりでした。


特に蔵前のエリアのお店が素敵で、文房具専門のこだわりのお店「カキモリ」や、隅田川沿いの古い倉庫をリノベーションしたというスタイリッシュカフェの「Cielo y Rio」
寝かせ玄米というモチモチの玄米と美味しい料理の「結わえる」
そして、カフェBarとホステルを組み合わせたという斬新な「nui」

特にnuiは一階がカフェBAR兼、ホステルの受付になっていて、何も知らずに入ったので、こんな場所にやたら外国人が多いし、何故か奥のエレベーターに乗り込む人達がいるし、なんだろか⁇と不思議に思い、店員さんに聞いてみたら、二階から上がホステルだという衝撃の事実を聞かされて、あまりに凄い発想のコンセプトにただただ驚くばかりでした。
木のカウンターがとても味わいかあり、BARの雰囲気も去る事ながら様々な国籍の人や幅広い年齢の方々が集まっていて、ここは何処か???と思うような空間でした。


とってもオシャレなお店が集まる事で街の雰囲気も変わったとは思うのですが、でも相変わらずおじいちゃんの股引や、おばあちゃんの肌着が干してある風景はそのままで、変わらない日常の情景がそこにはありながらも、新しい魅力を持った街にとても感動した1日でした。


http://backpackersjapan.co.jp/nui/about.html

http://www.kakimori.com/index.html

















↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



sidetitleプロフィールsidetitle

nene

Author:nene
........................

生きる事は

その命が尽きるまで

進み続ける旅のよう…

日々の暮らしの中で

私なりの視点で考えた事、

感じた事と共に

私の作るアクセサリー作品を

紹介していきます

.........................

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR