FC2ブログ

美しい姿勢

最近あるCMが流れると、思わず見入ってしまいます。
西島秀俊さんが出ているエアコンのCM。
何と言っても、立ち姿勢が美しすぎます‼︎
本当に地面からまっすぐに立っているのです。


ただまっすぐ立つ事って、簡単なようで本当に難しい事なのです。


両足(母指球、小指球、かかと)の3点に均等に重心を置いて、
足は地面に根を張るように、
頭は天井を突き破るように、
上下に引っ張られているような意識で…

そんな風に立とうとすると、結構難しい。

だからこそ、西島さんの美しい立ち姿勢にハッとしてしまいました。


美しい姿勢の人って、それだけで芯の強さや真面目さ、自分をコントロールする力があるように思います。


美しい姿勢は一日にして成らず


日々意識しながら過ごしたいものです。









↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



Happy rainy day

憂鬱な梅雨の季節。
雨が降ると何となく体がだるかったり、頭が痛くなったり、ボンヤリしてしまいます。

着る服も靴にも気を使うし、とにかく雨というだけで気分が下がるものです。


「そうだ!傘を買おう!」


気分が楽しくなるような、それでいてお手頃な値段の傘を探していたところ、
こんな素敵な傘を見つけました。









+RINGというブランドの傘で、デットストックの傘をはぎ合わせて作っているそう。
色んな組み合わせがあって迷ってしまいましたが、この柄合わせが気に入って決めました。
開いても閉じても素敵!

http://plusring.jp


せっかく傘を買ったのになかなか雨が降らず、待ちわびていたのですが、今日やっと降ったのでさせました。



そして、もう一つ梅雨の季節の嬉しい事。
大好きな紫陽花がもうすぐ咲きそうです。




しかし、先日遊びに来た姪っ子が、紫陽花を見て興奮しながら葉っぱを引きちぎりました。。。
もはやチビギャング…
かわいそうな紫陽花ちゃん。





そんな訳で、今日はHappy rainy day☆






↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



she see sea


曇った日の
ぼんやりとした海で
堤防に座って
無防備な足元

ざばん ざばんと
毎回形を変える波を
頭をからっぽにして眺めている







↑夏が近づくと、いつも手にとってパラパラと眺めてしまう写真。
この本からインスピレーションを受けて作ってみました。













↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



民宿の女

先週は友人が代わる代わる泊まりに来た1週間だった。

皆、遠い所にいる友達だけれども、

帰ってきたり、東京に来る時は連絡をくれる。



毎日が修学旅行のような夜だった。

飲んで食べて、とりとめもないおしゃべり。



それぞれが色んなくつろぎ方をしていて、面白かった。

みんなが気を遣わずに過ごしてくれたり、来てくれることは嬉しい。





友達は多い方ではないけれども、

付き合うととても長い方だと思う。



友達になっても、色々なタイミングで疎遠になる人もいるし、

離れていったり、会いづらくなる人もいる



そんな中、関係が途切れない友人は

大事な存在・・・というには簡単すぎる気もする。





忙しそうだから・・・とか

迷惑かけるから・・・

とかいう理由で連絡がないより、

会えないかもしれないけど、とりあえず連絡だけしておこう・・・

と思ってもらえることの方が有難いなと思う。



今回友達の一人が、

人を家に呼んだり、おもてなしすることは

自分をさらけ出していることだし、

そういうことは誰もが出来ることではないよ

と、言ってくれて嬉しかった。





そんな大層なホスピタリティは提供できないけれども、

くつろいだり、安心できる場所でありたいし、存在でありたいと思う。

ホテルとまではいかないから、

さしづめ民宿といったところであろうか?





いつでもみんなが気楽に来てくれるように、

民宿は年中無休で営業しております。



↑友人Nが持って来てくれた大好きなマンゴスチン
調度食べ頃で美味しかった!



↑友人Uが育てているというバラとハーブのブーケ。わざわざ摘んで、スーツケースに入れて持ってきてくれました。
ミントの香りが爽やか!



↑玄関が華やかになりました






↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



背骨の成り立ち

先日受けたレッスンが、背骨にフォーカスしたレッスンで、
とても面白い話を聞きました。


「何故、人間の背骨がS字カーブになったのか?」


そもそも、人間の祖先は海で生活しており、
魚のような様相だった頃は、背骨は真っ直ぐであった。
(魚の骨を見ても分かるように)
その後、口を開けて獲物を食べるために顎が発達して頸椎のカーブが出来た。

それから陸に上がって生活するようになると、四つん這いの姿勢になった為、
胸椎のカーブが出来た。
(爬虫類のように)

そして最後に立位になった時、上からの重力に耐える為、腰椎のカーブが
必要となった。

その為、人間の背骨はS字を描いたようなカーブになったという事です。


この話を聞いて、少し前に姪っ子を抱いた時に感じた驚きがこういう事だったのか!と合点がいきました。

というのは、姪っ子が歩き始めるようになる少し前、
抱っこした時の背中にびっくりする位のしなやかな筋肉がついていて、
特に腰椎の辺りがとても安定していたので、
妹に「こんなに背中、しっかりしていたっけ?」と聞いた程でした。

妹は「いつもそっくり返っているからじゃない?」なんて言っていたのですが、
確かに寝返りが始まった頃から、イナバウアーのような反り返りをよくしていて、
そのせいなのかな?と思ったのですが、ちゃんと立ち上がる為に体が変化していたのだな・・・
思いました。

生まれたときはまあるい背中だったのが、
寝返りを打てるように頸椎のカーブができ、
ハイハイ出来るように胸椎のカーブができ、
立ち上がる為に腰椎のカーブができたのだ!
と妙に納得してしまいました。


背骨の成り立ちを、身近なところで感じることが出来て
驚きと納得で興奮してしまったのでした。


そんな子供のようなしなやかな背骨を目指して
少しでも自分のかたーい背骨を改善していきたいです。





↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



今年も「ユキコ」が咲きました。

以前にもブログに書いたのですが、
今年も友人から貰った
私とおんなじ名前のバラ「ユキコ」が咲きました。

今年もまた問題はあったのですが
一応咲いてくれて、ベランダを華やかにしてくれています。

苗を貰ってから3年。
始めの年はアブラムシに襲われ、
翌年は羽ありに襲撃され、
今年は虫には注意していたので免れたのですが、
蕾が開かずに枯れてしまうものが多く、
課題が残りました…

去年、一昨年もやはり蕾が開かないものは結構あったのですが、
今年は例年に比べ開くものが少なかったので、これは来年の課題です。


毎日水やりをしていて目にしていても、花を咲かせるのは1年に一度のほんのわずかな時間。
咲いた花を見て、あれから3年という月日を今一度思い起こさせてくれる大事な存在です。
来年は更に綺麗に咲くように、向き合いながらまた一年大切に育てていきたいです。










↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



update

先日、久しぶりにピラティスのプライベートレッスンを受けに行きました。
私が最初にピラティスを教わった人であり、彼女との出会いがなければ、
そもそも関わることのなかった世界なので、今思うととても縁があったのだなと思います。

とても聡明で、的確で、芯のある人なので、
初めに習ったのが彼女で良かったし、
そうでなければ続けていなかったと思います。

本当に久しぶりにレッスンを受けたのに、
体を触っただけで、今の私の体の状態を察知する姿は
まるでドクターのようです。
完全に心も体も預けられて、相性が合う人でないと
プライベートを受けるのは難しいので、
インストラクターとの出会いもとても大きいものだと思います。

この日も、レッスンを進めながら
私の状態を見て内容を変更したり、道具を変えたりと
とても丁寧に、そして厳しく指導してくれました。

自分の心と体を意識すること、感じること、考えることを
レッスン中ずっと行うことで、
色々な事から解放されて、今目の前にあることに集中出来る時間は
本当に貴重で、贅沢な事だと教えられました。

彼女自身、今はフリーのインストラクターなのですが、
組織から出たからこそ、常に勉強し、更新し続けないといけない・・・
と言っており、「更新する」という言葉がそれから頭から離れませんでした。

私自身常にupdate出来ているかというと、
恥ずかしいくらいに現状に留まっている状態です。
彼女の言葉を聞いてはっとさせられ、仕事に対するプロ意識の高さを感じました。


心も体もメンテナンスされたレッスンでした。




↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



サンセット

夕方、ふと空を見上げた時、夕暮れの空模様を見ると、今この時にこの風景を見れる事が幸せだな…と思う。

いつも同じように夕暮れ時はやってきて、日はどんどん沈んでゆく。
でも、空の色は毎日同じようには変わらない。
全ての物事はそんな風に同じように見えて、いつも変化している。



今まで見てきた夕暮れの中で、忘れられない景色がある。
もう10年以上前に見た、メコン川のサンセット。

仕事も辞めて、貯めたお金を持って、行く先もよく決めずに親友と二人、色んな国に行った。
初めは友人のいるロンドンへ、それからヨーロッパを何か国か回り、東南アジアへ・・・
陸路を使っての貧乏旅。色んな人に会って、様々なものや景色を見た。
楽しかったり、怖かったり、若かったから今思うととても無茶な事ばかりした。


色んな国に行ったら何か自分が大きく変わるんじゃないかと思っていたけれども、何も変わらなかった。
ただ、自分は日本という島国でとても恵まれていたんだな・・・と思った。
安全で、清潔で、礼儀正しくて、時間通りで、食べ物が美味しくて。
当り前な事が当り前じゃない事だけが分かっただけだった。


旅も終わりに近づいてきた頃ラオスに着き、そこは今まで回った国の中でも一番素朴で、何にもない国だった。
道路はガタガタで、砂ぼこりがひどく、山と寺と、畑ばかりだった。
そこに住む人達も純朴で、すれていなかった。
そして海のように大きくて、広いメコン川が流れていた。


日も沈み始めた頃、川沿いの堤防で二人でずっとメコン川のサンセットを眺めていた。

太陽はとても近くて、大きくて、
雲は一定のリズムを持って流れるように形を変えながら、空の色はとめどなく変わっていった。

川は大きな太陽の光を吸収しながら、その光を更に水面に広げていった。

目の前に広がる美しい情景に涙が出た。

自分の小ささと、目の前で繰り広げられる自然の営み。
日々はこんな風に繰り返し繰り返し移り変わっている。

私たちはこうやって今生きていて、そして帰る場所がある。

とても幸せなことだと思った。


それから程なくして、私たちは日本に帰った。
自分たちの帰る場所に。



夕暮れ時、空を見上げると少し立ち止まってしまう。
この時は今しかないのだから。




↑当時一緒に旅に行った友人への今年のバースデーギフト。
雲のようなベネチアンビーズとサンセット色のビーズを組み合わせて・・・
何故かメコン川の思い出が突然蘇ったので、形にしてみました。



↑こちらは別の友人へのギフト。
やはりサンセットのイメージで…






↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



ないならないで あったらあったで

作品を作る時、「これを作ろう!」とアイディアがムクムク湧いていたのに、
最初のイメージで作ろうとしたらパーツが足りない・・とか、組み合わせたらなんだか合わない、とか。
そういう時は、使うパーツ自体をを減らしてバランスを変えたり、
使われないまま眠っていた子達を引っ張り出して合わせてみたり・・・

無いならないで、その枠の中でアイディアが湧いて面白い物が出来たりする。
私の場合、大体そうやって作ることがほとんど。


アクセサリーと同じように、料理も残り物やありもので作ることが多い。
私の好きなケンタロウ流に言うと、
「ないならないで あったらあったで」
そういうスタンスで作っています。

これを作るにはこれがなきゃ駄目というより、
これがないから代わりに・・・と使った物が
意外にいい仕事をしたり。
逆に失敗もあるけれども・・・
でも枠の中で考えて作ることはとても面白い。

あったらあったでそれはまた良し。


↑残り物と眠っていた子達を組み合わせて・・・




↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



sidetitleプロフィールsidetitle

nene

Author:nene
........................

生きる事は

その命が尽きるまで

進み続ける旅のよう…

日々の暮らしの中で

私なりの視点で考えた事、

感じた事と共に

私の作るアクセサリー作品を

紹介していきます

.........................

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR