FC2ブログ

表裏一体

今日は、習っているピラティスの話です。

いつもレッスンに行くと、これから始まる1時間のレッスンの中で
今日はどこに焦点を置いて体を動かすか、課題をもらいます。

最近レッスンでよく言われるのが、呼吸をする際に背中側にも空気を入れるように
ということです。
息を吸うと肋骨が開いて、横隔膜が下がるのですが、
そもそも肋骨は胸部をぐるりと覆い囲んでいる骨で、
肋骨を大きく広げることで、肺に空気を沢山入れることが出来るのです。

肋骨を広げる意識をすると、体の前面(前や横)が広がっている感じがするのですが、
そもそも肋骨は胸部をぐるりと囲んでいるので、後ろ(背中側)も広がるものなのです。

ところが、背中に空気を入れるという事は、意識して呼吸しないととても難しく、
肋骨全体に空気を入れる事は、とても意識しないと感じることが出来ないのです。


最近、レッスンで言われることが多いので、日常生活でも背中に空気を入れる・・・
と意識するようにしているのですが、分かったことが、、、
背中に空気を入れて広げると、自然と肋骨全体が広がるように感じられたのです。
後ろを意識すればするほど、前にも意識が出来るようになった気がしました。

ピラティスというメソッドは、とても「哲学的」なものなので
私なりに解釈すると、
体の前後、すなわち生と死は表裏一体で、死を意識すればする程、
生きることがより明確に見える・・・

そしてよくレッスンの中で、「自分の体の中心を見つける・・・」
という表現をするのですが、
呼吸によって、前と後ろを意識すると、中心が見えてくるような感じがするのです。



表裏一体、生と死を意識すると、自然と自分自身の中心がぼんやりと見えてくるのかな・・・
と、「哲学的」に思ったのでした。




スポンサーサイト







↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

nene

Author:nene
........................

生きる事は

その命が尽きるまで

進み続ける旅のよう…

日々の暮らしの中で

私なりの視点で考えた事、

感じた事と共に

私の作るアクセサリー作品を

紹介していきます

.........................

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR