FC2ブログ

サンセット

夕方、ふと空を見上げた時、夕暮れの空模様を見ると、今この時にこの風景を見れる事が幸せだな…と思う。

いつも同じように夕暮れ時はやってきて、日はどんどん沈んでゆく。
でも、空の色は毎日同じようには変わらない。
全ての物事はそんな風に同じように見えて、いつも変化している。



今まで見てきた夕暮れの中で、忘れられない景色がある。
もう10年以上前に見た、メコン川のサンセット。

仕事も辞めて、貯めたお金を持って、行く先もよく決めずに親友と二人、色んな国に行った。
初めは友人のいるロンドンへ、それからヨーロッパを何か国か回り、東南アジアへ・・・
陸路を使っての貧乏旅。色んな人に会って、様々なものや景色を見た。
楽しかったり、怖かったり、若かったから今思うととても無茶な事ばかりした。


色んな国に行ったら何か自分が大きく変わるんじゃないかと思っていたけれども、何も変わらなかった。
ただ、自分は日本という島国でとても恵まれていたんだな・・・と思った。
安全で、清潔で、礼儀正しくて、時間通りで、食べ物が美味しくて。
当り前な事が当り前じゃない事だけが分かっただけだった。


旅も終わりに近づいてきた頃ラオスに着き、そこは今まで回った国の中でも一番素朴で、何にもない国だった。
道路はガタガタで、砂ぼこりがひどく、山と寺と、畑ばかりだった。
そこに住む人達も純朴で、すれていなかった。
そして海のように大きくて、広いメコン川が流れていた。


日も沈み始めた頃、川沿いの堤防で二人でずっとメコン川のサンセットを眺めていた。

太陽はとても近くて、大きくて、
雲は一定のリズムを持って流れるように形を変えながら、空の色はとめどなく変わっていった。

川は大きな太陽の光を吸収しながら、その光を更に水面に広げていった。

目の前に広がる美しい情景に涙が出た。

自分の小ささと、目の前で繰り広げられる自然の営み。
日々はこんな風に繰り返し繰り返し移り変わっている。

私たちはこうやって今生きていて、そして帰る場所がある。

とても幸せなことだと思った。


それから程なくして、私たちは日本に帰った。
自分たちの帰る場所に。



夕暮れ時、空を見上げると少し立ち止まってしまう。
この時は今しかないのだから。




↑当時一緒に旅に行った友人への今年のバースデーギフト。
雲のようなベネチアンビーズとサンセット色のビーズを組み合わせて・・・
何故かメコン川の思い出が突然蘇ったので、形にしてみました。



↑こちらは別の友人へのギフト。
やはりサンセットのイメージで…


スポンサーサイト







↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

nene

Author:nene
........................

生きる事は

その命が尽きるまで

進み続ける旅のよう…

日々の暮らしの中で

私なりの視点で考えた事、

感じた事と共に

私の作るアクセサリー作品を

紹介していきます

.........................

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR